The project

Intellectual networks in early modern Japan and beyond:

The Network of Rai Shunsui 頼春水 (1746-1816)

Our principal actor, Rai Shunsui, was the oldest son of a reasonably well-off family of dyers in Takehara 竹原, Aki 安芸 province. His relationship to his other two siblings, the seven years younger Rai Shunpū 頼春風 (1753-1825) and ten years younger Rai Kyōhei 頼杏坪 (1756-1834), was very close throughout his life. Shunsui’s father, Rai Kōō 頼享翁 (1707-1783), who was determined to give his three sons some higher purpose in life, was in his spare time a devoted student of waka. In 1781 officials of the daimyo of the Hiroshima domain, Asano Shigeakira 浅野重晟 (1743-1813), offered Shunsui a position as teacher at the new domain school, which was to be opened the following year.
Shunsui’s diary, which spans over thirty-five years, begins 1781.12.16, one day before he officially received word of his new duty as a domain scholar, and ends two months before his death in 1816.
The diary is rich in information regarding the wide social network that Shunsui nurtured and that extended from Aki to Osaka and Edo and beyond.

The project offers thus a novel approach to Rai Shunsui in that it is not simply an intellectual biography but grounded in the notion that intellectual interactions among scholars of the Tokugawa period are much better described by the analogy of a network. So too is much of the actual working of the various levels of state administration, in which the scholars were involved. Therefore, intra-territorial and inter-territorial networks are keys to understanding how political reforms were discussed and implemented in early modern Japan. In more concrete terms, this project will investigate the network of Rai Shunsui in order to document the intellectual environment of the Kansei reforms in time and space by setting up a geo-database (GIS) containing the data collected from a broad variety of sources, such as his diary and letters.

Our group has as its goal to

  1. create a database of people mentioned in the diary for network analyses
  2. compile a bibliography concerning Shunsui and his network

研究プロジェクト:近世日本の知的ネットワークの研究:

頼春水(1746-1816)の場合

本研究プロジェクトの当面の中心的対象となる頼春水は、安芸国竹原のわりあいと裕福な紺屋の長男として生まれた。春水には7歳下の頼春風(1753-1825)、10歳下の頼杏坪(1756-1834)という二人の弟がいたが、生涯を通じて兄弟仲は睦まじかった。春水の父、頼享翁(1707-1783)は三人の息子の教育に非常に熱心な人物で、余暇には和歌にいそしんだという。1781年、春水は浅野重晟(1743-1813)を藩主にいただく広島藩に招かれ、翌年開設されることになった藩の学問所の教授に就任することになった。

春水の記した日記は、儒官の役目を公式に引き受ける前日の1781年12月16日から、1816年に春水が死去する2ケ月ほど前まで35年間にわたって綴られたものである。この日記には春水と交わりのあったさまざまな人々についての情報が豊富に記されており、こうした人々によって織り成される社会的ネットワークは安芸から大坂、江戸、さらにその外まで広範囲におよぶものであった。

本プロジェクトは頼春水という人物の研究の上でも、新たな方法論を提示するものである。なぜなら、本プロジェクトは個人の思想的評伝を目指したものではなく、近世の学者たちの交流の様態をネットワーク分析の手法を用いて解明することで、伝記的研究を通じては見えてこない事柄を明らかにしようとするものだからである。ネットワーク的アプローチはまた、近世日本の政治が幕府、諸藩、またそれ以下のレベルで、具体的にどう動いていたのかを理解する上でも有用な見方を提供してくれる。学者が藩政や国政にかかわっている場合、各藩内また藩の枠を超えて広がる思想的ネットワークを研究することは、近世日本で政治改革がどのように論じられ、実施されたかを理解する重要な手掛かりとなるだろう。本プロジェクトでは頼春水を取り巻くネットワークに着目することで、寛政の改革の知的背景をその時間的・地理的な側面に留意しつつ明らかにしようとする。具体的には、頼春水の日記や書簡を含むさまざまな史料からデータを収集し、空間的なデータの分析に用いられる地理情報システム(GIS)を取り入れたデータベースを構築しながら、研究を進めていく。

本研究グループの目標には以下の二点が含まれる。

a. ネットワーク分析(Social Network Analysis)や集団履歴調査(プロソポグラフィー)の手法を用いた分析を行うため、頼春水の日記に記されている人々のデータベースを作成する

b. 春水やそのネットワークを構成する人々に関する文献目録の作成。